アジャイルな組織への変革に向けて「SAFe® Implementation Roadmap」を活用する

【セミナーの概要】


SAFeは組織全体が変革に向けてビジネスアジリティ獲得のためのフレームワークであり、「SAFe Implementation Roadmap」は変革実践に向けてのロードマップです。本ウェビナーでは「SAFe Implementation Roadmap」を活用して、組織にSAFeを導入しブレークスルーするためのエッセンスをご紹介します。

アジェンダ


14:00-14:05 開会のご挨拶


14:05-14:40 基調講演(同時通訳付)


● 講演タイトル:(仮)
『海外製造業事例にみるImplementation Roadmapの価値とその活用のポイント』
● 講演内容:(仮)
企業変革のための取り組みとして、SAFeの適用が製造業で加速しています。SAFe for Hardware等、新たなコンセプトも生み出される中、企業での活用が進む製造業の事例を交え、なぜImplementation Roadmapを活用する事が成功に繋がるのか、その価値と活用方法について解説します。
● 講演者:
Scaled Agile, Inc.
Gerald Cadden (SPCT)


14:40-14:45 休憩


14:45-15:25 講演①

● 講演タイトル:
『アジャイル開発、そしてSAFeを活用するためには』
● 講演内容:
まずSAFeとSPCの関係について講演者の考えを説明し、続いてSPCやアジャイル開発活用の推進役(チーム)が備えるべき知識、スキル、コンピテンシーなどについて論じる。
● 講演者:
株式会社 オージス総研 技術部ビジネスイノベーションセンター 藤井 拓氏


15:25-15:30: 休憩


15:30-16:10: 講演②


● 講演タイトル:
全社アジャイル推進で「SAFe Implementation Roadmap」を適用するとどうなるか
~「Go SAFe」のティッピングポイントに辿り着くために~
● 講演内容:
「SAFe Implementation Roadmap」は汎用的で応用性の高いロードマップです。「Go SAFe」前の企業であったとしても、全社アジャイル推進に対する「SAFe Implementation Roadmap」の適用は有効で、SAFe導入の投資対効果を説明するためのモデルケースになります。
● 講演者:
株式会社 オージス総研
コンサルティング・サービス部第三チーム 
マネジャー 山内亨和氏


16:10-16:15:休憩


16:15-16:55:パネルディスカッション


● テーマ: SAFe® Implementation Roadmapの活用(仮題)
● 登壇者:
-モデレータ:オージス総研 山内亨和氏
-パネリスト:オージス総研 藤井 拓氏
-パネリスト:Scaled Agile Gerald Cadden


16:55-17:00:閉会のご挨拶

アーカイブを視聴する